【白菜の漬物使用】年間1000個以上餃子を作る主婦が教える美味しい焼き餃子の作り方

料理
スポンサーリンク

餃子が大好き!

市販の冷凍餃子も美味しいけれど、手作り餃子ってとびきり美味しい。

まちこ
まちこ

手間かかるけど幸せを感じる食卓第1位♡

今回は年間消費量1000個以上大量の焼き餃子を作ってきた私直伝

美味しい焼き餃子の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

餃子材料

材料
豚挽肉700g(700gから1000gがオススメ)
餃子の皮95枚(約100枚)
ニラ1個
小ネギ1個(長ネギでも可。なくても可)
生姜1個
白菜の漬物1袋
キャベツ4分の1個
オイスターソース大さじ1
小さじ1
餃子の材料
まちこ
まちこ

この量で100個近く作れます。

ちなみに我が家はニンニクなしです!

私と息子はニンニク強いの苦手なので、入れてません。

ポイントは白菜の漬物

白菜を使うのではなく、

白菜の漬物を使うのがポイント。

白菜の水分ってすごいんですよ・・

生野菜の白菜を入れるとビチャビチャになりがち・・・

ですが漬物を使うことによって、野菜たっぷりだけど、ジューシーな餃子に仕上がります。

餃子作り方

さっそく餃子の作り方です。

ポイントは餡作り!!

まちこ
まちこ

詳しく見ていくよ!

全ての野菜をフードプロセッサーで粉砕する

キャベツ・白菜の漬物・ねぎ・ニラ・生姜をフードプロセッサーで

がああああああああああ

っっと粉砕します。

まちこ
まちこ

ブンブンチョッパーだ大量生産の時はきついかも・・・。

ポイント 白菜の漬物は水切りしておく

漬物の白菜も水がたっぷりでます。水切りのザルなどに入れておきましょう!

写真のように、たっぷりの水分がでます!

春キャベツなど、フレッシュなキャベツも水分多いのでザルに入れて水切りましょう。

まちこ
まちこ

しぼらなくて、ザルに入れて水切る程度でOKです。

豚ひき肉と塩でこねる

ここも重要ポイントです。

まずはお肉だけでこねましょう

ボウルに入れた状態から・・・

これが塩とお肉だけでこねた状態になります。

ねちょっとまとまりが出るまで混ぜます。

まちこ
まちこ

約1分間まとまりが出てねちょっとしてくる。

ポイント 先にお肉だけこねる

野菜を入れず、まずお肉と塩だけでこねるのがポイント!

ちなみにこの大きなステンレスの滑り止めがついたボウルはニトリのものです。

調味料と生姜を入れる

野菜を入れる前にお肉に味をつけます。

まずはオイスターソース

次に

生姜を入れます。

二つ入れて混ぜ合わせます。

野菜を入れる

肉だねに調味料だけ入れた状態から

ここでやっと野菜を入れます!!

野菜の投入順は特にありません。

まちこ
まちこ

お肉が野菜で見えない・・・!

しっかり混ぜる

そしてしっかり混ぜます。

お肉と野菜を一緒にしていく作業です。

あまりこねりすぎるとベチャベチャするので、あくまで野菜とお肉を馴染ませることを意識してください。

ポイント 捏ねない。混ぜる。

こねるというより、お肉と野菜を混ぜる!

馴染ませる

軽く混ぜたら、ラップをして10分程馴染ませます。

まちこ
まちこ

この間私は洗い物をしていました。

包む

やっと包みますよ〜。

餡を中央に写真くらいの量を入れて包みます。

手前のみ折りジワをつけた方が、くっつきやすいです。

あんなにたくさんあった餡を全部空っぽにして・・・

完成!

この日は95個作りました・・・!(冷凍保存含む)

1時間無心で包み続けていました。

(この包む作業時間が結構好き。笑)

家族で包んでみても楽しいかもしれません。

\餃子包み機でスッピードアップ/

皮はモランボンを愛食♡

餃子の皮はモランボンを使用しています。

もち粉入りの厚めの皮を使うともちっとして美味しいです。

冷凍用のやつは薄い皮のお得用のモランボンの皮を使っています。

食品のネットスーパー・さんきん
¥153 (2022/10/17 19:41時点 | 楽天市場調べ)

焼く

たっぷり目の油をしいて焼いていきます。

まず、焼き目をつけてお水を入れて5分間蒸していきます。

完成

外はパリパリ。中はジューシーな美味しい焼き餃子が出来ました♡

(若干焦げたけど。)

いざ実食!!!!!!

食卓の中央に佇む王者。

パパも息子も美味しい美味しいと言って

家族3人で40個食べました。

ありがたいことにたくさん食べてくれるので、出すのが面倒でなければ・・ホットプレートで焼いてもいいかなって毎回食べ終わる頃に思っています。笑

番外編〜チーズ餃子〜

この日初めてやってみたのですが、羽の代わりにチーズをつけてみました。

これほどのチーズを・・・

フライパンにドーン。

私は普通の餃子の方が好みでしたが、息子はとっても喜んで食べてました。

手作り餃子で良い週末を♡

作るのに手間も時間かかるので、私は休日時間がある時に作ります。

まちこ
まちこ

餃子を作ると休日感が出るのも好き

手間はかかるけれど、美味しいし家族も喜んでくれるのでまたママが大量生産頑張る!

熱々ジューシーな焼き餃子、皆さんもぜひ試してみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました